TOKYOてやんでぃ

神田裕司監督の映画出演付き俳優ワークショップ

☆ぴあ初日満足度ランキング1位

☆第5回したまちコメディ映画祭特別招待作品

『TOKYOてやんでぃ〜The Story Teller's Apprentice〜』
(2012年/日本/102分/アイエス・フィールド)

監督:神田裕司

 
出演:ノゾエ征爾、南沢奈央、有坂来瞳(友情出演)、黒田福美、伊藤克信、池田鉄洋、ラサール石井、でんでん、石井正則、中村昌也、千太郎(西麻布ヒルズ)、平沼紀久、山田清隆、佐藤栞菜、村木藤志郎、里見要次郎、泉堅太郎、金原亭世之介、夕霧、白須慶子、三谷昇、真野響子、安達祐実(友情出演)、小松政夫

寄席は楽屋がおもしれぇんだよ!

前座から一向に出世のできない立花亭ピカッチは日々楽屋で奮闘する。そんなある日、仲入り前がなかなか楽屋入りせず、高座に穴が開きそうで楽屋内は大混乱。次から次へと降りかかる災難、大問題をピカッチは乗り切れることができるのだろうか!?

☆各界の方々からコメントを頂戴いたしました!

 

神田裕司監督の映画出演付き俳優ワークショップ

桂歌丸さん(落語家)

これを見て落語家になろうと思っている人、本当はこれの何百倍も辛い世界です。

三遊亭円楽さん(落語家)

う~ん、感想文書け? 俺の感性を試してるのかな? てやんでぃ!!
我々の育った楽屋は緊張と弛緩の織りなす聖域だった。
この映画はパロディ? 間違い探し? 似たような事件のデフォルメ? 夢?
私は、この楽屋に居たくない。
ここは何処? あんたら誰? ルールの無い楽屋に、
おまけのペーソスは思わず笑った。てやんでぃ!! べらぼうめ!!

 

春風亭昇太さん(落語家)

そう。楽屋は超異空間。高座はお客さまを前にした真剣勝負。
自宅ではボンヤリし過ぎる。
楽屋は、仕事と私生活の狭間。
一番気を許して、一番気を使う場所だ。
こんな場所に魑魅魍魎のような芸人達が集まったら、
ドラマが産まれない訳が無い!

 

高田文夫さん(放送作家)

べらぼうで、すっとこどっこいで、おたんこなすな映画。
だけどてやんでぃバカうけだ。

 

いとうせいこうさん(作家・クリエイター)

ワンシチュエーションで徹底的にドタバタをやりながらホロリとさせる。
これはシリーズでも観たいし、テレビで月一回やっても欲しい。
古典的なテーマだが、あらゆるメディアに展開していく可能性を感じる!

 

松尾スズキさん(作家・演出家・俳優)

10年以上まえからノゾエという役者のおもしろさに目をつけていた身としては、
主演というのは、何につけ嬉しいことです。

 

三沢和子さん(映画プロデューサー)

30年前に森田芳光と作った『の・ようなもの』を想い出してホロッと来てしまいました。
伊藤克信さん、でんでんさんが出演しているのを観ると、
もしかして『の・ようなもの』が気に入って頂いてこの映画は作られたのな…?

映画『TOKYOてやんでぃ』ダイジェスト

映画「TOKYOてやんでぃ」神田裕司監督×黒田福美特別対談 Japanese Comedy